栗田道場について
源流・組織
練習風景
ヨガ
父兄からの体験談
年間行事予定
新規会員募集
サイトマップ
メールフォーム
ホーム
糸東流修交会空手道連合の源流


 空手には東恩納派、糸州派と二つの流れがあり、前者からは剛柔流、後者からは松濤館流、和道流と別れたが
この『東恩納』、『糸州』の両派を統合して糸東流を創設したのが摩文仁賢和先生である。
この摩文仁先生が昭和のはじめ頃、日本本土に来られ、普及に努めておられた。 
 
  昭和15年、谷 長治朗(神戸市)同志社大学在学中に摩文仁先生に師事し、その高弟となる。
終戦後、母校である育英高校の教員として教壇に立ち、その間にスポーツ力学をもとに空手を研究し
昭和23年、神戸で修交会総本部道場を開設し谷派糸東流空手道宗家として広く市民、青少年の間に
空手道の普及を図るとともに、京大、大阪経大、鳥取大、神戸医大など各大学空手道部育成に努めた。
(昭和57年国から紺綬褒章を受ける)
 
スポーツ力学による『シンキング空手』を提唱し、ベーシック、ムーブメント、反動動作(ゼロ→テンション→ゼロ)などの
理論を展開また形の芸術性を追求するため、あらゆる機会を通じてユニークな形演武を実践し
惜しくも平成10年1月、79歳で他界される。
 
 私も昭和52年から宗家の元で谷派糸東流空手を学び、平成2年に教士の称号を、7年に7段位の免状を取得
その後平成13年に達士を平成20年1月に8段位を取得し現在に至る。
 

摩文仁 賢和
1889年11月14日生まれ
糸洲安恒と東恩納寛量を基に糸東流空手道を創立
本土に渡り1934年大阪にて空手道糸東流を指導。
1952年5月23日、他界



谷 長治郎
宗家
修交会の創立者
昭和15年頃同志社大学在学中に糸東流創設者
摩文仁賢和先生と出会い指導を受け「糸東流」の免許を
皆伝された。
昭和24年「さまざまな物事について交わりを修める会」の
意味を込め「修交会」を創立


山田治義舘長  谷長治郎先生に師事され,昭和40年に
「尼崎空手道協会」を設立。
1998年6月28日、修交会総会にて
糸東流修交会空手道連合が発足し、会長就任。
 
左から ジョージ・小高選手 山田館長(宗家) エリサ・アウ選手 竹本先輩  栗田師範

戦歴
ジョージ・小高選手の戦歴    WKF第16回世界空手道選手大会男子組手65kg級 優勝(2002年) 
WKF第19回世界空手道選手大会男子組手65kg級 優勝(2008年)
当時31歳 
エリサ・アウ選手の戦歴 WKF第16回世界空手道選手大会女子組手+60kg級 優勝(2002年) 
WKF第17回世界空手道選手大会女子組手+60kg級 優勝(2004年)
栗田師範   山田治義館長 
 
糸東流から修交会設立までの流れ

源流について  組織について